【ムキムキになる】身につけることが可能な筋肉量の上限がわかるサイトを見つけたぞ!(英語)

vance-osterhout

先日、とある筋肉系Youtuberの動画を視聴していた際に、

ボディビル大会に出場する選手になると、365日毎日筋トレしても、1年で筋肉を1㎏増やせるかどうか、というレベルだ。

というお話をされていました。

そこでふと、疑問に思ったんですよね。

「人間が身につける筋肉量に限界はあるのだろうか?」と。

スポンサーリンク

調査結果:筋肉量は骨格に比例する

筋肉量は、骨格に比例するというデータがあります(※1)

したがって、

  • 骨の長さ
  • 骨の太さ
  • 骨密度

などに大きな影響を受けると考えられます。骨付き肉を例に挙げると、わかりやすいでしょう。太くて長くて丈夫な骨には沢山のお肉が付きますが、細く短く脆い骨には、肉が少ししか付きません。

※1 『Kinanthropometry of Group I rugby players in Buenos Aires, Argentina』, Francis Edward Holway, Romina Garavaglia, J Sports Sci. 2009 Sep;27(11):1211-20.

筋肉量の上限値を求められるサイト

FitmaticのMaximum Muscular Potential Calculator を利用することで、自分の筋肉量の上限を求めることができます。

必要な情報は、以下の通りです。

  • 体重
  • 年齢
  • 身長
  • 手首の太さ
  • 足首の太さ
  • 首の太さ
  • ウエスト(おなかで最も細いところ)
  • 腹部(おなかで最も太いところ)
  • 胸囲
  • 上腕二頭筋の太さ

全ての情報が無くても、結果は表示されますが、正確な結果を知りたい方は、すべて入力したほうがイイと思います。もし、身体の測り方がわからない場合は、下記のサイトが非常に参考になりますのでご参照ください。

身体の寸法測定方法:ユニネクマガジン 【保存版】通販のサイズ選びに役立つ!ヌード寸の測り方(男性・女性)

使い方

海外のサイトなので、全文英語です。

よくわからないという人は、Google先生にお願いすると、ページ全体を和訳してくれるので、ぜひ活用しましょう。

より詳細な使い方は、こちらの記事で紹介しています。

まとめ:自分の可能性を広げよう!

今回は、自身につけられる最大筋肉量を推定できるサイトFitmaticのMaximum Muscular Potential Calculator を紹介しました。

こちらのサイトで推定した最大筋肉量と、数か月分の筋トレ記録があれば、「数年後にはこれぐらいの身体になれているかもなぁ…」と、自身の未来像をある程度把握できるかもしれませんね。

ブックマークするかどうかはお任せしますので、よろしければもう一つ、StrixHiroの記事をご覧いただけると非常に嬉しいです。

以上、StrixHiroでした。

タイトルとURLをコピーしました